2012年1月14日 (土)

日本一のマグロの町の書き初め大会!

2012年が明けましたの島ヤッコでごんす!

初セリのマグロに、5649マンウエンの値段がついて
もりもり盛り上がっていた1月5日。
わいは、「第40回大間町書き初め席書大会」ってやつに行ってみた。
自分が小学校の時以来。

もう終わった子は帰っていたので、ちょい寂しげな体育館。
わいどの頃は、隣の子と肘がぶつかるほどびじびじに詰まって
書いでらったんだけどな~。これぞまさしく少子化ってやつか。


Kakizome2


で!書いてるお題を見てみたら、「魚影」ときた。
続くのは「(魚影)の群れ」でねーよな~。それだと、映画のタイトルぢゃい。
さて、つづくのは、なんと「探知」だぜ、「魚影探知」。
わいのあだまの中には、サブちゃんの歌が鳴り響いた。
♪きたのぉ~漁場はよぉ~
やらいだぁ~!これぞ大間のわらし!ぶっかませ~!


Kakizome1

ってことで、大間の書き初め席書大会。お題が超~イカシてる。
どーよ!
これらのお題は、亡き阿部勝馬先生が遺してくれたものらしい。
(ちなみに写真に写っている怪しいおどごは、教育委員会ゲリラのノリ。)

「土用大波」って、なんぢゃ???
土用はうなぎでねーの???
ってことで、ネットで調べてしまった。土用には大波が来るんだえ。
知らなくた~。勉強になるな~。

日本一のマグロが誕生した日にふさわしい
大間のわらしだぢの書き初め大会でございました。
(島ヤッコ)

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

サッパ船アドベンチャーズだえ!

それは、岩手県の三陸にある
田野畑村っちゅうとこでござるよ、クミチョーのヤッコです。

田野畑(たのはた)と言う、いかにも山や田んぼありありという地名なのに
漁師の「番屋ツーリズム」をぶっかましているという。
しかーも、「サッパ船」という漁船を走らせて、
アドベンチャーさせているとのこと。
「大間は一流の漁師町ぢゃい!」と豪語している、このカラ元気女。
この挑戦は、受けて立つしかねーべさ!
って、挑戦されたわけじゃーないですが、
行ってきました!行ってきましたとも!

5月29日「たのはた・おもてなし観光シンポジウム」に
呼んでいただき、カラ元気講演をさしてもらいました。
それは、おもてなしの心をもった田野畑のふと=たのはたーどが
心をひとつに、観光がんばるど!という決起の集いだったと
わいは勝手に解釈しております。

この田野畑村には、「北山崎」という特A級の観光資源があるのです。
特A級言うたら、「富士山」とかになるっちゅうことで、
この北山崎の景観は、まさに「日本一の海岸美」であるのです。
年間60万人ものお客さんが、ここにやってくる。
滞在時間をのばし地域全体を周遊してもらって、
その波及を狙いたい。さらに、さまざまな資源を生かした
体験プログラムで、「交流文化産業」を
創り出そうとしているわけです。

さて、大間っちゅうところははぢのへ(八戸)から3時間。
この田野畑は、はぢのへから2時間、盛岡から2時30分。
お互いかなり気合の入った土地柄です。
大間から田野畑に来る人は、いるのじゃろうか‥。

Tizu

北山崎のビジターセンターに、こんなものが!
今年訪れた人が、どっから来たかシールを貼るのですが。
なんだよう大間から来てるじゃねーかよう。つーが、
人口比から言うと来すぎている。むう~。
わいは、陸路ではなく海から来たのじゃないかと睨んでいます。

さて!いよいよサッパ船!しかもアドベンチャーズだえ!
わいの中ではインディー・ジョーンズのテーマ曲が
鳴っている。

宿泊場所だったホテル羅賀(らが)荘前の岸壁に
そのサッパ船は来てくれました。
「サッパ」という言葉の由来には、諸説あるようですが
「木の葉のような小さな船」だから
「サッパ」とも言われてるらしいっす。なるほど、想像より小さいかも。
立派な磯船っちゅう感じです。

Sappa1

船長さんは悦光丸の中村さん。正真正銘の田野畑の漁師。
つーが、この船で岩の間をくぐりぬけ、
磯ぎりぎりまで近づいていくので、日頃から漁をして
海の底までを知り尽くした「浜人(はんもうど)」じゃなければ
サッパ船は操れないのでござる。

Sappa2

ほれ、こんな岩の間もくぐりぬげていぐんだえ!
岩さ手が届ぐぐらい、狭いどごだんだえ!
まさにこれは、アドベンチャーだべさ!
緊張感ぶりぶりだから、船酔いする人はまずいないとのこと。
この日はちょいとシケていたので、洞窟の中には
入れませんでしたが、それはもうカプリ島の青の洞窟も
びっくりだと、わいは勝手に想像しています。

わいどは船から、200mの断崖である北山崎を
仰ぎ見るわけですが。
北山崎の頂上の展望台からは、
こちらサッパ船アドベンチャーズが見えるわけ。
けっこうフラッシュが飛んできます。
見だら乗りたくなりますよね~。

Hoya

漁師の番屋群のある机浜にサッパ船が入っていきました。
お客さん用のホヤをみんなで養殖しているっちゅうことで
見せてもらいました。ほれ、この塊がホヤなんだえ!
びっちり球状にホヤが付いてる。
少しずつ間引きしながら、ここまで育てるとのこと。
ひとつ、食わせてもらいました(ハート)。
ホヤは食うばかりで、さばいたことのない
ヘナチョコのゲリラ女。中村さんは
身っこの取りだし方を丁寧に教えてくれました。

船長の中村さん。自分はずーーっと漁師として生きてきて
60歳になってこんなことをするとは思ってもみなかったと。
明日のお客さんはどんな人だべかと考えて
わくわくして夜眠れなかったりするんだと。
中村さんのサービス精神や心づかいが、
アドベンチャーをさらに盛り上げる。いま、サッパ船は
8人の船長がそれぞれのキャラを生かして、
がんばっているとのこと。

田野畑は、本物の漁師文化で勝負していた。
ほんとうにほんとうに勉強になりました!

◎体験村たのはた・番屋エコツーリズムのホームページ

Kinen

「ほんとにちゃんと電車来るんですか~」と
思わず聞いてしまった三陸鉄道の田野畑駅。
時間が止まっているような
ゆるやかで満たされた空気がありました。
まあ、来なくてもいいがなという
わいを呼んでくださった日本交通公社の大隅さん(左)と
田野畑村役場の渡辺さん(右)。
ほんとにありがとうございます!!!
今度はゲリラ集団でお伺いしたい気持ちムンムンです。

めんこいレトロ列車は、静かに時間通りに到着。
ゲリラ女は帰途についたのでありました。
(ヤッコ)

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

新・お笑いコンビ、エビちゃん&ヤッコ誕生~!

Yakkoryoko2_4 

新幹線・新青森開業が12月4日に決まり、
あわただしくなってきました
組長のヤッコです。

「オーマの休日」を旗印に、
勝手にデスティネーション・キャンペーンを
ぶっかましてきたあおぞら組ですが。
正真正銘マジ本物のデスキャンが
来年4月から始まります。それに先がけまして、
全国宣伝販売促進会議ってやつが、青森市のホテル青森で
開催されました。これは、全国の旅行会社、JR関係者、マスコミ、
地元観光関連団体が一堂に会し、
この青森県をこれでもかこれでもかと売り込みつつ、
開業に向けて心をひとつにする場であったと
私は認識しております。

Yakkoryoko_3 

↑これはリハっちゅうかランスルー(ってわがるが?)の様子。
ミスりんごが勢ぞろいして、俄然盛り上がるの図。

この会議の中で青森県の6つのエリアの代表が、8分間の持ち時間で
わが地域をプレゼンぶっかますプログラムがありまして。
むつ下北エリアのプレゼンターとなったのが、このお笑いコンビ
「エビちゃん&ヤッコ」なのでござんす。

各エリア、ひそかに競争牽制しあいながら迎えた当日。
エビちゃん&ヤッコのプレゼンのテーマは「おどなの休日」。
吉永小百合さんのCMでおなじみのJR東日本「大人の休日」ってのが
ありますが、もぢろんパロディーに決まってるべさ。ふへへ!
どこでやるかって言うたら、ここでやるしかねーべさ。
下北のサユリは、もぢろんエビちゃんよ、エビちゃん。

そして、「おどなの休日」勝手なCM流れました。
JRのみなさんが引いたら、どうすべ~という一抹の不安はありました。
ああ、ありましたとも。
しかーし、受げだ!受げだ!
最前列で三村知事も手をたたいて笑っておりました。
JR幹部のみなさんも、エビちゃんのフェロモン攻撃に、
あたたかく応えてくださいました。

やったどエビちゃん!
三浦春馬のヒロイン役も、いただきたいところだが
年齢制限に勝てんの~、むう~。

ってことで、みなさん!ぜひ下北半島で
「おどなの休日」味わってみでね~ん(ハート)。
(ヤッコ)

Yakkoryoko1_3 
↑これは、「おどなの休日」撮影隊の記念ショット!
どんなCMだったのか、さささ、想像しでみで~。

| | コメント (3)

2010年1月20日 (水)

ゲリラ教育委員、さらに1期!

昨年のクリスマスの朝、青森県教育委員会・委員の辞令を
いただきました、島康子です。

青森県の教育委員会用語で、「スポケン」といえば「スポーツ健康課」。
これは知っていた。
2期目に突入して、初めて知った「ナマガク」。
これは「生涯学習課」だったんぢゃ〜。
任期4年ってのは、長いと思っていたけども
この4年、たいしたことできなかったな〜というのが
正直なところです。
4年間で、ニホク(下北地域と上北地域だから、2北)の県立高校を
全部回る!と宣言したものの、結局回りきれず(涙)。

「教育」という大きな岩のようなものを前にして
このカラ元気女に何ができるのか、どう動けばいいのかわからず
まさにカラ回りしていた頃。
県立高校バレーボール部の伝説の指導者(定年退職されてますが)と
お話する機会がありまして。
どよよよんとしている私の胸の内を、ほんのちょっとしゃべっただけなのに
かの先生はこうおっしゃった。
「あなたは、ひとりひとりに注射して回ればいいんだよ」。
目の前が急に開けて、道が見えた気がした。
同時に、先生という人のすごさを思い知らされました。
それ以来、気負うことなく、私なりのカンフル剤やらビタミン剤やらを
精一杯注射してきたつもりです。

そして今、4年の月日を経てもなお、教育という世界に
まだまだ関わっていきたい!という思いがあります。
だから、ゲリキョー(ゲリラ教育委員の略)をさらに4年、
続けさしていただきます!
(ヤッコ)

Jirei

左端の方は、同じく公安委員として辞令交付式に臨まれた
青森銀行の加福頭取。写真がぼやけていて、すんません〜。
真ん中は、わが青森県の三村知事でごんす。


|

2009年12月15日 (火)

ハリファクスのツリーの下で、肉体関係を誓う。

大間の衆は、海の向こうの夜景がギラギラしている街が大好きで
引き込まれるようにフェリーに乗るのですが。
やっぱりわいも引き込まれるように、行ってきました
組長の島康子です。

Hagodai2

12月12日、大間・函館コラボレーション忘年会に参戦!
ところは、金森倉庫エリアにあるベイサイドレストランみなとの森。
平井課長&渡邊率いる函館市役所ゲリラ、ゲリラ旅行会社の及川所長、
五稜郭タワーの中野常務とこのレストランの後藤総支配人。
そして、ゲリラ女3人が加わりぶっかましました!
フィンランド公認サンタも通訳付きでやってきて
「メリークリスマスふぉっふぉっふぉっ〜」言うとりました。

大間にとって函館は、今までずっと片思いだった。
それをどうにかして両思いにするど!と、ゲリラ活動を続けてきましたが。
来年は、一気に肉体関係まで持ち込む所存でござんす。
AもBもすっ飛ばして、Cですよ!(←表現が昭和ですな)
ハリファクスから送られてきたツリーの下で、誓いました。

Hagodai3

バグダンたらこの左が、ゲリラ及川。
ツーリストサービス北海道という会社の函館営業所所長〜っ
でござんす。この先も、海峡をはさんだエリアの着地型商品を
がつんがつん、ぶっかましますぜ。
バグダンの右側が、セレブゲリラ中野。
五稜郭タワー、略してゴタワの常務さまでござんす。
ゴタワでは毎年、子どもの日に向けて巨大な鯉のぼりをあげております。
が!近い将来、これがマグロのぼりになるやも知れん。
ちゅうか、「マグロのぼり、あげてくださいよう」と
モーレツごねごねいたしました。

Hagodai1

バー・山下、ベルギービールのお店と渡り歩き、函館ナイトは終了〜!
ベイサイドのホテル・ラビスタからの眺め。
ひとりぽっちんなのは残念でございましたが、
超〜ロマンツックですわ〜。
クリスマスファンタジーのツリーが消えるのは、夜中の2時だって
中野常務が言ってたので、消える瞬間を見ようと窓辺で踏ん張っとりました。
5分過ぎてもそのまま。消えねーじゃんよー中野すわ〜ん。
10分過ぎてもそのまま。しかたねーなーと洗面台に歯磨きを取りに行きつつ
この一瞬に消えてたりしてな〜と思って戻ってきたら、消えてた。
ゴーーーン。
世の中、そういうものです。
(ヤッコ)

◎五稜郭タワー
http://www.goryokaku-tower.co.jp/

◎はこだてクリスマスファンタジー
http://www.hakodatexmas.com/

|

2009年11月26日 (木)

むつの行政ゲリラと、契りましたのよ。

わいが広域観光ってやつに目覚めたのは
フェリーの存続問題がきっかけでした。
組長の島康子です。

函館ー大間のフェリーを持続可能な航路にするためには
とにかく需要を増やさねばならん!
どっから増やすか。
とにかく観光だ!
でも、大間だけで人が呼べるのか。
だめだ。ショボすぎる。下北全体で、がんばらねばならん。
そうだ!下北のゲリラが手を結び合うのだぁぁぁ!!!

という流れで、わいの心に火が付いたのでござんす。

で!バグダンたらこが「勝手に下北半島・広域観光イノベーター」
となり、下北半島の観光活性化にかかわるていねいな(ゲリラ視点の)
資源の掘り起こし→ルート開拓・つながりづくりを、
がつんがつんと押し進めてまいります。

つまり、大間のゲリラがゲリラ的に手を伸ばし
一度つかんだら放さない、っちゅうことです。

その最初のターゲットがこのふと。
下北観光協議会の事務局である、むつ市経済部・商工観光課の
橋本つあん!

Mutu

合併前には脇野沢の役場にいたふとなんだけども。
実は、わいどがまだ青青としていた頃、脇野沢に呼んでもらって
ゲリラ交流をさしてもらったことがありました。
その翌日、村の中をディープに案内してくれたのが
何を隠そう隠してないが、この橋本つあんだった。
その時にも、軽い契りを交わしたような気がするけども
今回のは、正真正銘のゲリラの契り。橋本つあんも、行政ゲリラとして
生きていくと、固く誓ったのでございました。だよの?

しっかし、むつの市役所いがったわ〜。
ダイエーが撤退した後の店舗を部分改修して、新庁舎にしたのですよ。
エコだよの、エコ。
「むつも、いいごっとしたのよ〜うんうん」と、
しきりにうなずくゲリラ女2人でござんした。
(ヤッコ)


|

2009年11月25日 (水)

ひろさぎは、青森県のフランスぢゃ!

日本中どごさ行っても、同じような顔の都市が続く中
「こごは日本か!?」と、強烈なパンチを食らわしてくれるところは
そうない。
「津軽」ってとこは、異国になるべきだ。
何年か前に津軽で行われた観光がらみフォーラムで、そう発言しました。
組長の島康子です。

その気持ちは、今でも全く変わらん!
だって、津軽弁は外国語だべさ。
国に例えるなら、弘前(ひろさぎ)はフランスだと思う。
深く成熟した津軽文化が匂ってくる街。人々は誇り高き津軽語をしゃべり
モツケったり、じょっぱったりしている。

「じゃあ、大間はどごよ?」
「中国がな〜」
「青森は、きっとアメリカですよ!」
「金木はイスラエルだな」
舞台ウラでは、そんな話もあった「あおもり観光デザイン会議・弘前ラウンド
〜東北新幹線新青森駅開業まで1年!ファイナルカウントダウン」
120分1本勝負!
弘前感交劇場の事務局長・桜田さんがコーディネーターとなって
ぶっかまされました。
会場からの質問や意見がパシパシ飛んできて、
実におもしろい展開になりました。

古牧温泉のミスター再生男(って、わいが勝手に付けた)佐藤大介は
「開業対策というのはおかしい。活用対策でしょ。」と言うていた。
津軽地吹雪会の代表であり観光カリスマであらせられる角田周さんは
「青森県には売り物がたくさんある。しかし、売り子のいないコンビニだ」
と言うていた。う〜む、なるほど。

とにもかくにも新幹線開業を牽引するのは、ひろさぎだとわいは思う。
ひろさぎが燃えずして、青森県が燃えるはずがない。

会議が終わってから、藤田記念庭園の中にある「大正浪漫喫茶室」にて
関係者一同、弘前藩士が飲んだという珈琲をいただく。
弘前では、「珈琲の街ひろさき」とテーマでマップを作り、
まち歩きにつなげておりました。
「誇る!つながる!燃える!」を、どんな小さなことでも
怒濤のように、わっためがして形にしていぐど!

Kankou

(ヤッコ)


|

2009年11月20日 (金)

襟を正すできごとーマグロの供養祭

組長の島康子です。

「先日ロリータの会議で、島さん俊介に会ったでしょう」
というメールをもらいました。
わい、ロリータ会議さ出だっけが?????
記憶の引き出しを開け続けて、約1分。

それ、ロータリーだべさ!
先日、むつロータリークラブの50周年記念式典に呼んでいただき
カラ元気講演をぶっかましたのでした。
言うまでもないことですが、
その俊介さんも、決してロリータではありませんので。

式典後の祝賀会で、その神事はおごそかにとりおこなわれました。
正真正銘、大間産である証しのシールがほっぺに貼られた
97キロ(だったべが)のマグロくん。
この記念すべきお祝いに華を添える解体ショーが
にぎにぎしく展開される前に、むつ熊野神社の渡辺宮司さんによる
マグロの供養祭が行われたのです。

Rotari1

海の恵みを敬い、その命に感謝しながらいただくこと。
大事!とっても大事なことっすよね〜。
その姿勢を、ちゃんと形に現し、人に伝えることも大事っすよね〜。

大間でマグロの解体やる時にも、お客さんといっしょに
しかと供養祭から入らねばならぬと、ゲリラの襟も
しゃんとさせられました。

Rotari2

翌朝、むつプラザホテルの窓から見える釜臥山は
美しい借景のようでござんした。合掌〜
(ヤッコ)


| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

「あおぞら組のやじるし」を探す旅、つづき

組長の島ヤッコでごんす。

四万十からの帰り。
東京で、とある密会が予定されておりました。
場所は品川。万里ねーさんという必殺の食のコーディネーターの隠れ家にて
必殺の旅行コーディネーターが、必殺のMBAご住職と引き合わせてくれました。

Tabi12

必殺のご住職:青江さんは、こんな人↓
http://www.higan.net/blog/navi/kaku/
バグダンたらこは「青江くん」呼ばわりしていた。
ドラクエ仲間だと、そうなるらしい。

万里ねーさんのお料理と超〜ポジティブ人生話に酔いしれ、
この出会いに酔いしれたひと夜でござんした。
人生の大切なタイミングには、必ず天からの「おしるし」がある!
それを見過ごしてはいかん!ちゃんとつかまないかん!
全く、その通りだと思いました。

その翌朝、青江さんに築地を案内してもらい
築地本願寺もお参り、ターレットびゅんびゅんの場内市場も堪能。
ホルモン丼も堪能~。

Tabi1

思い残すこと、みじんもなし。
銀座にある、通販ビジネスのクリーツ川井社長~のもとへ。
そして、腹にぶすぶすと響いてくるような示唆をいただきました。

天からのおしるしが降りてきた。
「あおぞら組の10年とこれからの矢印を考えよ!」
合掌~
(ヤッコ)

| | コメント (0)

「あおぞら組のやじるし」を探す旅

組長の島ヤッコでごんす!

畦地履正さんとの出会いがきっかけで、
株式会社四万十ドラマからノウハウ移転ってやつを
受けるようになった本州最北端のまちおこしゲリラ。
その四万十ドラマが創立15周年を迎えるということで
こりゃもう、行がねわげにいがね!っちゅうことで、
バグダン女3人、旅に出ました。

高知で迎えた10月31日の朝。
私たちとアホ同盟の契りをかわした塩井さんが、
お迎えに来てくれた。
赤岡町にある芝居小屋「弁天座」を運営する親分。
バグダン3人をあちこち案内してくれて、四万十まで連れていってくれる。
こんな写真しかなくて、ごめんよう塩井すわ~ん。

Tabi5

まんずオーガニックマーケットへ行き、
商品の見せ方・つくり方をびんびんに勉強。

Tabi4

マッサージまで出店していて、エビ姉がこんなことに。

Tabi3

その後、念願の高知城へ。
今までわいは3回、高知に行っているのだけども、
高知に行ってきたというと、必ず「高知城どうだった?」
と聞かれてきた。だからもう、4度目は絶対なにがあっても
高知城には行かねばらんと決めていた。その高知城を超~堪能。
おばばの「アイスクリン」まで食し、
あまりの満足感に「はあ、これで大間さ帰ってもいいよの」と
3人で言い合っていた。

Tabi2

四万十までの2時間あまりの道々。
塩井親分から、弁天座の話やら土佐っこタウンの話やら
貢ぐ女の話やら映画をつくる話やら青森をテーマにしたCM曲つくれい!
という話やらハチキンおばばの話やら、共感ぶりぶりの
ディープなあれこれを聞いて、さらに満足。
「はあ、これで帰ってもいいよの」状態で、
会場となっている道の駅「四万十とおわ」へ。

Tabi6

ななんと気温26度。快晴〜!
ゆるゆると流れる四万十川を眺めながらの「ドラマのドラマ」。
スタート時間になっていたけど、どうしても栗ソフトが食べたくて、
こそこそ食っていたら、ちゃんと前のほうに座れと
履正さんに怒られたバグダン3人。

智子ねいさんの核心をずぶずぶと突いていくネタふりで、
四万十ドラマのこれまでの15年が暴かれていきました。
それが第1部。そして第2部は、「ドラマのやじるし」。
これからの15年の向かう先を探る。パネラーのみなさんが、
矢印のヒントになることを次々にお話されたのですが。
四万十ドラマのことでありながら、どうしても
わがことを考えてしまう。
「自分だけ突っ走って地域の人たちの心と離れちゃ~いかん!
そのためには情報共有が大事。」身につまされる話がいっぱい。
そしたら、残る二人も同じくあおぞら組のこと考えてました。

Tabi7

大間に来て、「加工」についてのアドバイスを
ピシピシくれた上村さんと。休憩時間も無駄にせず、栗をばくばく食う。

Tabi8

四万十グリーンピースの川ちゃんと。
川ちゃんが大漁だべさバッグなのに、わいはコーチ。
「なにそのバッグ」とツメられた。

その夜の大宴会!盛り上がらないわけがない。
四万十メンズの四万十数え歌がご披露されたが、おかしすぎて泣けてくる。
魅惑のバンド演奏(メンバー半分がエアー)も繰り広げられたが、
当方のバグダン女ワン・ツーが「わいどもドンズギ踊り、やりたくた」と
悔しそうだった。

Tabi9

履正さんのでっかい目玉から、涙がぽろぽろ落ちてきて、
ドラマにドラマがいっぱいあったことを、思い知らされた。
四万十ドラマは15才。人間で言えば、これから高校生になる。
一方、わいどゲリラはもうすぐ小学校4年生。これもまた節目なり。
智子ねーさんが教えてくれた。小学校3年生までは「慈育」。
小学校4年生からは「自育」になるんだと。つまり、周りから慈しみ
育てられてきた期間から、自分で自分を育てていく期間に突入~
ってわけ。なるほど!と思う。

Tabi10

そして、この御方が梅原真大先生なり~!
バグダン・デザイナーたらこの先生は、
地デジ(地元デザイナー・ジャパン)の迫田先生。
迫田先生の先生だから、大先生なのだ!
わいどのゲリ活にも、インスパイアーぶりぶりだったのだが
実際にお会いしたことはなく、大先生がわいどのゲリ活に
どういう反応をされるのか、しょんべん出そうなほどドキドキだった。

「ん?なにこれ、オーマの休日?いいね~!」
オーマの休日もパロディーなのだが、さらにパロディーの
「リョーマの休日」を撮る、とまでおっしゃった。
うれしくて、しょんべん出そうになりました。

Tabi11

お別れの朝。栗焼酎が大人気の無手無冠(むてむか)の女将さんと、
私たちと同じく四万十ドラマからノウハウ移転を受けている
熊野軍団。智子ねーさん、履正さん、お肌ぴちぴちの
高知大生あずさで記念写真。四万十とお別れして、高知市内へ。

東京行きの飛行機に乗り込んだのでした…。
(ヤッコ)

| | コメント (0)