« おいらせ町民生委員の方々が大間で旗振り体験~!! | トップページ | 日本一のマグロの町の書き初め大会! »

2011年12月 2日 (金)

岩手県洋野町から大間へ~!!

12月1日(木)師走の初日。
洋野町(ひろのちょう)観光協会の方々が大間に来て下さいました。
あおぞら組の取り組みについて話を聞きたいとの連絡をいただきまして今回の運びとなりました。

洋野町といえば…3月11日の震災で沿岸地域にも拘らず、死者・行方不明者が一人もでなかったそうです。
昔から何度も津波の被害に合われ、とにもかくにも「逃げる」と訓練したそうです。
地震の多い日本列島。わい達も見習わなければならないと思いました。

洋野町から大間まで片道約5時間。
今回は日帰りで…大間滞在時間が3時間ほどの予定とういう大変なスケジュールにも関わらず、大間に来てくださったのがとっても嬉しかったです!

当日はあいにくの空模様…見ての通り落ちてきそうな重い雲にチラつく雪。
大間出身のわいでさえ泣きたくなるくらいの痛い風が吹いていましたが「よぐきたの~!よぐきたの~!」「へばまんだの~!まだきせよ~!」と旗振り体験を決行!
皆さん元気に振って下さいました~!!

01

満面の笑顔で旗を振っている真ん中の方が、今回の大間旅行をコーディネートしてくださった久慈広域観光協議会の貫牛さん(かんぎゅうさん)。
珍しいお名前ですよね。

旗振りの体験をした後、ヤッコ組長からあおぞら組の今までの取り組みや町の人達との関わり話などを色々と説明…。
NHK朝の連続テレビ小説「私の青空」がきっかけで「あおぞら組」を結成した事。
行政・漁協・商店会・飲食店組合・旅館組合・そしてゲリラなど町の色んな人が集まって「やるべ!やるべし!やるど!やるど!」とできた『やるど会』が仕掛けた『朝やげ・夕やげ・横やげ~大間超マグロ祭り』の失敗談、成功談などなど…。

02

大間で一番美味しいのは、釣ったマグロが漁港に水揚げされる前にサメにかじられて自然に血抜きができたマグロが最高らしい~!
これは初耳!わいも知らなかった…。

03_2

皆さんまじめに、時に笑いもありの一時間あまりでした。

04

最後には商工会会長の下舘さんより温かいお言葉もいただきました。
ありがとうございます!!これからも頑張ります!!

ここからは『おおまエスコートクラブ』のえびちゃんにバトンタッチ!
大間崎から漁協まで大間の観光を楽しんで貰いました。

05

漁協に着いた時にはすでに帰路に向うはずの時間。
しかし、大間のえびちゃんが「マグロはこの仕掛けで、こうやって獲るんだえ~」
と話し始めたとたん、買い物をしていた人たちも手を止めて食い入るように耳を傾けた。
「大間のマグロ漁師は親子でも仕掛けは教えない。」
「一度食らい付いたマグロは死んでも放さない!何時間かがっても釣り揚げる!」
「それが男のロマン。それが男のドラマ。」
じつにおもしろい。わいも観光客になった気分で釘付けになってしまいました。

もっとゆっくり聞かせてたい。でもこれから5時間かけて帰る事を考えるとそろそろ出発しないと…。今度はゆっくり泊りで来て下さいね~と思いつつ洋野町観光協会の皆さんを大漁旗で見送りました。
本当にお疲れ様でございました!そしてありがとうございました!

見送った後で大間のえびちゃんが一言。
「わいの話さ聞き入ったんでないんだえ~。マグロの魅力に聞き入たんだえ~。
それだけマグロってすごいんだえ~!」と。

(カオリ姉)

|

« おいらせ町民生委員の方々が大間で旗振り体験~!! | トップページ | 日本一のマグロの町の書き初め大会! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいらせ町民生委員の方々が大間で旗振り体験~!! | トップページ | 日本一のマグロの町の書き初め大会! »