« 晴れのお披露目の日、そのウラ側3 | トップページ | 桜の町・松前に行ったときのこと »

2011年5月 4日 (水)

晴れのお披露目の日、そのウラ側4

いよいよ大詰めの島ヤッコでごんす。

ブルードルフィン甲板での、猛烈アピール活動を終え
ほっとしているあおぞら組。
キンズには、マグのぼ星人が降りてきている模様。

Ura15

海が荒れたため、予定よりブルードルフィンの到着時間が遅れ気味。
再び猛ダッシュで、五稜郭タワーに向かわねばならん。
先発隊として、直接、大間から函館に先乗りしてたのは
バグダンたらこと新人ワカナ。
たぶんきっと、泣いている。ぱつっている。
今行ぐして、待ってせよ!
お出迎えしてくれたみなさんにハイタッチして
フェリー埠頭から五稜郭タワーへ。

会場に入ると、お客さんがわらわら集まっている。
マスコミのみなさんも、わらわらと集まっている。
来賓の大間町長は、目玉をぎょろぎょろさせている。
「お披露目の儀」開始の30分前。
想定していた最悪ぎりぎりの準備時間が、30分前でござった。
始まる前に、わいはションベンする時間があるだろうか…。

Ura16

わいがトイレから出て歩き出したら、司会のりょういぢが
しゃべり始める声が聞こえた。

ってことで、この先のオモテ舞台は、
「ハコダテ150プラス」さんがまとめてくれたレポートを
ご覧くださいませ~い!↓

http://www.hakodate150plus.com/news/2011/04/post-264.html

いや~やいやいやい、やり切りました~。
組員一同、出し尽くしました~。

あとかたづけのあと、タワーのすぐ脇の五稜郭公園にて
泳いでいるマグロのぼりを眺めながら、桜を愛でながら
被災地への思いをはせる、鎮魂の花見でござんした。
今日の儀式のお神酒にさしてもらった南三陸町を支援する純米酒
「南三陸 庄内の風」をいただきました。

Ura8

函館の花見は、とにかくジンギスカンを食らうということ。
ジンギスカンを焼き始めると、みんな無口になるということ。
焼いてないと寒くなるので、ひたすら焼いて
食い続けねばならんということ。
いろいろ勉強になりました。

で!このウラレポは、まんだつづきがあーーる!

このあと、青森豊成さんとカオリ姉には、
ある重要なミッションが待ち受けていた。
それが、これだ!

Ura9

みんなに心を込めて書いてもらったメッセージ・マグロのぼり。
翌日からはアトリウムに展示することになっている。
そのために、閉館後のひっそりとしたアトリウムで
一生懸命、やっていた。

わいヤッコは、うろちょろして、ただちゃちゃを入れてるだけ。
邪魔だして!とカオリ姉に怒られたが、
怒られたのが自分だと勘違いして、ふてくされてる
バグダンたらこ。
左側にかすかに写っている。
まもなく戦線離脱。

Ura10

夜9時近く。いよいよ形ができ上がってきた。
完成度を厳しくチェックしているタワー・中野常務も
満足っぽい顔つきをしてるぞ。
キンズ&ノリ&間山のスリー・アミーゴーズで心を合わせ
持ちあげてみる。

Ura12

これにて、あおぞら組の長ーい長ーい1日は
ようやく幕を閉じたのでございました。
こんなアホ・ゲリラに力を貸してくだったみなさん!
ほんとうにほんとうに、ありがとうございました(涙)。

Ura131

最後の最後は、集合写真を忘れませんでした!

(ヤッコ)

|

« 晴れのお披露目の日、そのウラ側3 | トップページ | 桜の町・松前に行ったときのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴れのお披露目の日、そのウラ側3 | トップページ | 桜の町・松前に行ったときのこと »