« オンパク「海を越えて オーマの休日」裏レポ | トップページ | 大湊中学校の3年生が! »

2007年6月28日 (木)

きんず追悼公演の旅

Img_0046

きんずです。

黒石に行ってきました。

竜太とわいの写真とりまくりバトルの様子とともにこのツアーの報告をします。

Img_0008_1

今回の旅は、黒石市山形地区のグリーンツーリズムの会(正式名称わかりません。すみません)の研修会にうちの組長が講師として招かれたのがきっかけです。

その講演であおぞら組の活動報告をカサッケでやりなさいとの指令があり僕達も行くことになったわけです。

とりあえず、僕の最後の旅ということで出発前から気持ちをひとつにってことで修学旅行のような気持ちで望みました。

まず最初に訪れたのは、黒石市のこみせ通りにある、国の重要文化財に指定されている高橋家。

家の中はいい感じの喫茶店になっていました。土間がとてもいい味出してました。

Img_0003_2

庭にでると、「地酒」という文字が見えている感じがした。

その文字に吸い寄せられて近づいてみると「ころり地酒」

どこに酒があるのかって地蔵の回りを探しましたがありません。

よく見ると「ころり地蔵」、酒に飢えていたんでしょうね。

Img_0939

そうこうしていると、女将さんが。

とても言葉がきれい。津軽の人とは思えない。

大間の材木地区の人も言葉がきれいですが、それを上回っている。

なにより上品。あとでよく聞いたら神奈川県から嫁に来たらしい。

材木の人と比べるのは間違いでした。

ちなみに、この方はこの後僕達とともに講演をする県の教育委員でもある

高橋さんです。

Img_0940

お庭のテーブルでアイスコーヒーを頂きました。

ビールが飲みたかったけど運転手だしこれから講演控えているのでがまん。

水にうるさい僕をうならせるとてもおいしいアイスコーヒーでした。

Img_0932

りゅうた。玄関先で主人の気分で一枚。

Img_0933

ぼく、こけしとの2ショット。

  Img_0014

こみせ通りを出て数分走り、講演の場所である「津軽伝承工芸館」に到着。

ここには前に駅伝大会で1度訪れたことがあり、足湯があるという情報が

事前にあったので、入るぞーって意気込みましたが、行ってみると

じじ、ばばの大群がまさに足の入れ場もないぐらいに使っており、

残念ですが断念しました。(じじばばがいやだってことでないですよ!)

講演では事前にカサッケの紹介はなく、参加者はたぶんスタッフが

えらそうに講師席に座っていやがると思ったことでしょう。

組長の前座としてはまあまあ良かったと思います。(時間だいぶ押したけど)

Img_0027

そして本命登場。

今回はマグロを地元で消費する仕組みについてのお話をしました。

私ははじめて聞きましたがさすがだね。と思いました。

りゅうたは「組長講演うまくなったな~」と。

さすがプロデューサー。

Img_0031

そして、高橋さん。

この講演でほんとは都会人っていうことがわかりました。

神奈川から嫁に来て大変だったみたいです。

とても興味深いお話でした。

Img_0030

あおぞら組員はスタッフより早く動く。(マイクスイッチオン!)

Img_0033

真剣に講演を聞くあおぞら組デザインチーム

たらこ&アキ

Img_0040

最後は恒例のジャンケン大会。(ぼくは初めてだけど)

あいこも負けってことにしたら2回で決まった。

勝者にはマグロ一筋てーしゃっつプレゼントです。

そして、宿泊先青荷温泉に向かいました。

Img_0942

冬場は車が通れなくなるような、坂が大好きな僕もびっくりの

坂道を登り、ようやく青荷温泉到着。写真撮り合いバトル開始。

Img_0044

りゅうたが撮っている姿を僕も撮る。

電気がない話を聞いていましたが、いきなり自動販売機を発見。

入れ物だけ?っと思ったが内部から明かりがもれていた。ランプじゃないよね。

Img_0115

見てください。この清流。マイナスイオン満載で見ているだけで癒されます。

Img_0945

清流を撮るりゅうた。

Img_0049

その姿をとる僕。

Img_0052

宴会が始まり、その日はちょうど夏至で7時過ぎまで明るかった。

ようやく暗くなり始め、ランプの明かりがいい感じになるころには

宴会は頂点を迎えた。青森に行く私にとって津軽弁のいい勉強に

なりました。

Img_0065

ほろ酔い気分で温泉へ。

風呂のランプの明かりだけ。

恥ずかしがり屋の僕達も股間を隠さずお風呂の遊園地。

なんてったって宇宙一って感じの星空を見つめならがいい気持ちでした。

Img_0072

ビールの自販機もなく、風呂上りの一杯は持ち込んだワイン。

一気に酔いました。

Img_0949

その後、売店横の喫茶店へ。

他のお客さんとともにランプを囲んで飲みました。

右端は青荷温泉の元社長で今は伝承工芸館の館長です。

津軽弁をべらめがしてくれるのでとても楽しかった。

Img_0079

いたずらっこりゅうたがまたやってくれました。

りょういちの足のつめにビールのシールを。

暗闇の中で自分の足を見た良一はつめがはがれて

出血している!!とびっくりしてました。

Img_0100

その後は場所をうつして濃い語らい。

ワインしかないので、弱い僕は即ダウンでした。

Img_0110

さすがの良一もねぷたい。

Img_0120

だいぶ飲んだのに寝覚めは最高。

多分きれいな空気のせいでしょう。

朝風呂にもはいりとてもいい気分。

催促され無理して朝ごはんを食べ、帰り支度を整え青荷温泉を

あとにしました。

Img_0130

黒石といえば焼きそば。ということでその土地にきたらその土地の

おいしい食べ物をということで、オススメの虹の湖道の駅の屋台へ。

黒石の焼きそばは太麺らしく、普通の焼きそばのほかにつゆやきそば

というラーメンみたいなやきそばがあった。

おいしかったけど、出来上がりまでの時間がかかりすぎと思った。

最初のお客さんだったんでしょうね。

その後解散して、女性陣は青森市でTしゃっつ屋を見学。

男性陣はそれぞれ帰路についたわけですが、

黒石経由で浪岡に出るつもりが、何を間違ったのか弘前方面へ。

Img_0972

しょうがないのでお城好きの僕は田舎館村役場へ。

たんぼアートってものがあるらしく、天守閣最上階へ

Img_0964

今年のデザインは葛飾北斎作「富嶽三十六景」
の「神奈川沖浪裏」と「凱風快晴(赤富士)」。

これから稲穂が色づけばもっといい景色になることでしょう。

Img_0969

くろい部分は古代米をつかっている。土じゃなかったのね。

まあ、いろいろありましたが、無事に家に着くことができました。

目的どおり組員の一体感が強まったいい旅でした。

今後は青森に住むことになりますが、変わらず活動は

続けていくつもりです。

応援よろしくおねがいします。

|

« オンパク「海を越えて オーマの休日」裏レポ | トップページ | 大湊中学校の3年生が! »

コメント

キンズさま、ご無沙汰です。裸電球頭です。合掌・・・

大間を離れ、青森に移住されるとのこと。
もしかして、ナスダスでの噛み噛みトークもモノマネも聴けなくなってしまうのでしょうか?ちょいと心配&残念です。

5年前、仕事で毎月のように青森(浅虫温泉)に通っていたことがあるのですが、地元の業者さんのネイティブな津軽弁をまったく理解することができず、まるで外国語のように聴こえてたことを、走馬灯のように思い出しました。

とにかく、お身体、ご自愛ください。合掌・・・

投稿: 裸電球頭 | 2007年6月29日 (金) 00時05分

キンズさま、こちらもご無沙汰です。

大間離れるんですか~。

へば、五所川原・稲垣方面で、目撃する回数多くなるかもね。

どっかで、みかけたら、挨拶するはんで~(^^)

投稿: 五所川原みうら | 2007年6月30日 (土) 07時40分

裸電球頭様、みうら様ご無沙汰です。

青森に来て早いもので1週間たちました。
妻が稲垣なので津軽弁には慣れていますが、
職場の雰囲気になじむにはまだ時間が必要ですね。

これから約2年間は大間に帰るより
稲垣に行く機会が増えるとこでしょう。
五所川原エルム、柏ジャスコには
しょっちゅう行っていますので
見かけたら声かけてくださいね。

投稿: きんず | 2007年7月 9日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンパク「海を越えて オーマの休日」裏レポ | トップページ | 大湊中学校の3年生が! »